自動車の配線、修理なら東京国分寺にある【オートクラフト】へ

株式会社オートクラフト
会社紹介
会社情報
社名 株式会社 オートクラフト
所在地 〒185-0013 東京都国分寺市西恋ヶ窪3-18-10
電話番号 042-324-3495
代表者名 浅沼 裕明
事業内容 自動車修理・販売・車検・板金塗装|陸運局認証工場1-10403
設立 昭和57年2月
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜、祭日、第2土曜日
従業員数 3人
株式会社オートクラフト外観
ページトップへ戻る
弊社のプロフィール
弊社の生い立ちは、代表の浅沼が学生時代友人のダートトライアル車両のメンテナンスをしていたことからはじまります。浅沼は昔でいう「ラジオ少年」であり、学生時代アルバイトしながら運転免許取得、そしてオートバイや自動車を購入して、それを昔でいう「チューンナップ」して遊べる境遇にあったことが彼のバックボーンにありました。その後某国産自動車メーカー系販売会社に入社、特装車専門の営業職にて数年を過ごしながらMPSを設立しその後、株式会社オートクラフトを開業、開業当初は、主に上記ダートトライアル車両(PFジェミニ)のメンテナンスを行っており、当時のランキング2位のドライバーのサポートをして、かなりレベルの高い車両製作(ボディ補強やサスペンションセットアップ)ノウハウを学びました。当時は、今と違って自動車の改造に対する理解がない時代でした。もう時効ですが、そのさなかにエンジンスワップやボルトオンターボや、いろいろなことで車の可能性、限界を垣間見て、その後ゼロヨンをS130Zで大まじめに取り組み、L型のチューニングはもうこれでもか、これでもかって位さんざん試行錯誤しました。そのノウハウを某雑誌にすっぱ抜かれ、悔しい思いをしたこともあります。そののちプロダクションを経て、グループA(トヨタAE86にて)に参戦を続け、プライベーターとしてはトップを走っていた時もありました。そこでレギュレーションの中で競うこと、レース業界を学びました。
そんなこんなで時代は流れ、客層にも恵まれ輸入車の整備の仕事が急増、ここでこの業界で生き残るには、このままではいかんということで、陸運局の認証工場の認可を受け、バブル景気のなか様々な輸入車の整備をさせてもらい、いろんなノウハウを蓄積、このころから昔のラジオ少年の血が騒ぎ出し、自動車整備の人たちが嫌う「自動車の電気」の探究がはじまり現在に至ります。その探求は今も現在進行形で、インターネット以前以後でまた内容は飛躍的に進歩しており、過去の作品を見るにつけ、恥ずかしく感じること常であり、上記のように培ってきたことを、今ヒストリックカーにフェードバックし、現代の路上でも通用する車両製作を特色とし、営業させていただいております。
ページトップへ戻る
アクセスマップ

大きな地図で見る
■電車でのアクセス
JR中央線・武蔵野線『西国分寺駅』より徒歩6分
西武国分寺線『恋ヶ窪駅』より徒歩14分
■車でのアクセス
中央自動車道『国立府中IC』より16分
中央自動車道『調布IC』を調布・府中出口方面に出て20分
ページトップへ戻る
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。お電話またはメールにて受付けております。
株式会社オートクラフトへのお問い合わせはお電話にて|042-324-3495 メールでお問い合わせの方は、下記メールアドレスをクリック
してください。メーラー(メールソフト)が開きます。
info@auto-craft.co.jp
ページトップへ戻る