自動車の配線、修理なら東京国分寺にある【オートクラフト】へ

株式会社オートクラフト
ギャラリー
輸入車
 
1965年式フェラーリ275GTB
12気筒FRフェラーリ、60年代でこのボディラインです。
いやー恐るべし、しかし美しいです。
今回はフルトラ化+点火系改良+ヒーターコア交換等作業させていただきました。
オールド・フェラーリでもオーナー様の要望あらば、手を加えますよ。
お客様来るなり「エンジン音変わったね」、劇的に乗りやすくなったそうです。
1969年式ボルボ・アマゾン_01 1969年式ボルボ・アマゾン_02
1969年式ボルボ・アマゾン_03
 
ランチア・ベータモンテカルロ
ACJ会長様の車両です。
不良顔してますよねぇ。X1/9の兄貴分としてX1/20の開発コードをもって生産されたミッドシップスポーツです。
70年代のエクステリア設計、細部凝ってます、イタリア人の感性はすごいですね。1980年頃の国産車といえば、ムムム太刀打ちできません。
マセラ顔のルーツも感じるし、ランチアグリル(ブラックアウトされてますが)もキチンと付いてますし、なかなかグッドルッキンです。
ただ、メンテナンス性は過酷(涙)。
弊社にてワイヤーハーネス製作等手をいれさせていただいております。
只今、絶好調。
1969年式ボルボ・アマゾン_01 1969年式ボルボ・アマゾン_02
1969年式ボルボ・アマゾン_03
シトロエン2CV
1969年式ボルボ・アマゾン_01 1969年式ボルボ・アマゾン_02
1969年式ボルボ・アマゾン_03
FIAT124スパイダー・レーシング
国立在住のACJ(オートモービルクラブジャパン)会長の愛車です。
先日も『熱海ヒストリカGP』を成功させ、熱海を日本のモナコにするとおっしゃってました。このほかにも個性的な車両を何台もお持ちで、それらの車両を修理、整備させていただけて私共も光栄です。今後も車趣味土壌の底上げ、活性化などなど
ご活躍期待してます。
1969年式ボルボ・アマゾン_01 1969年式ボルボ・アマゾン_02
1969年式ボルボ・アマゾン_03
2008年式FIAT5001.4ラウンジ
弊社最高齢女性(昭和9年生まれ)のお客様の車両です。
彼女は子育て時代 、当時のFiat500、Fiat850スペシャルを購入し、その車で子供たちを幼稚園に送り迎えしていたエピソードの持ち主。
この車両は新型500の発表と同時に注文を入れ、待ちに待った真珠色のフィアット500。
純正の扁平タイヤの乗り心地に我慢出来ず2インチダウンの鉄ホイール&ホイルカバー同色ペイントが彼女流のモディファイです。
先日はスピード違反で捕まったとのこと。いつまでもお元気で、この500を可愛がってあげてください。
1969年式ボルボ・アマゾン_01 1969年式ボルボ・アマゾン_02
1969年式ボルボ・アマゾン_03
 
クーラー付きBMW2002ターボ完成
先日、納車させていただきました。
この車両は弊社にてボディ、シャシ、エンジン、配線他、ほとんどの箇所に手をいれさせていただきました。
マルニは仕上げると、ほんと乗りやすく、古い車感が無く驚かされます。
ターボデカール無しも普段使いでは、いいですよね。
クーラー付きBMW2002ターボ完成_01 クーラー付きBMW2002ターボ完成_02
クーラー付きBMW2002ターボ完成_03
 
クーラー付きで、この夏は仕事場までの足にも活躍
この車両は俳優の光石研さんの車両です。
弊社を雑誌でお知りいただき、日常使えるヒストリックカーのコンセプトで機能面中心に手をいれさせてもらってます。
最近はクーラーを取り付けこの夏を過ごしております。
クーラー付きで快適_01 クーラー付きで快適_02
クーラー付きで快適_03
 
リアガラス越しに空調吹出し口が
この車両の施工も10年位前のものです。特徴として分かりやすいのがクーラー室内ユニットをトランク内に設置してます
ので、後ろから冷風がでます。それと分かりづらいのですが、クーラーコンプレッサーの取付場所が無い為、エンジンと
睨めっこしてる状態での設置となっております。
後ろから冷風が_01 後ろから冷風が_02 後ろから冷風が_01
 
一見クーラーレス車ですが、実は付いてます。
この車両の施工は15年位前のものです。特徴はクーラーユニットをインパネダッシュボード内に納めてあり、従来の空調
吹出し口を使用し、冷風を出している点です。純正のインテリアを崩すことなくクーラーを設置出来た代表例として載せ
させてもらいました。
クーラー付きで快適な走りに_01 クーラー付きで快適な走りに_02 クーラー付きで快適な走りに_01
ページトップへ戻る